気負わずやるのが成功の秘訣

転職活動というと、何か難しいことをしたように思われますが、実際はそんなことないですね。転職サイトに登録して届くお仕事とかを色々見ては、自分に条件があっているお仕事を探して応募。
エージェントさんに話を聞いてもらったり色々しますが、結局は今のお仕事の延長線上にあるお仕事を紹介してもらって、なんだかんだと面接まで行くといった感じ。

履歴書の段階で落とされることも多いんですけど、それはそれでこちらから出向く必要がないので楽ちんで。まぁ交通費などかかるといえばかかりますが、それも就職活動とは違って、数社だけなのである程度の金額は分かるという感じですね。
転職活動なので、ある程度まとまった時間は必要ということや、落とされても諦めずにこんなこともあるって感じでのぞむっていうのが成功の秘訣かなって思います。
あとは、エージェントの人によく話を聞いてもらうのも良いかもしれません。相手は仕事なので、愚痴っぽいことも聞いてくれますしね。理想と現実の違いにへこむこともありますが、それはそれで自分を客観的に知ることができる良い機会かと思います。新たな人生に対して前向きであれば、色々向いてくる運みたいなものもあるのではないかなって感じです。
参考サイト→タクシー求人サイト※東京|日曜完全定休や車通勤OKに寮完備も

W使いで日焼け止め

紫外線予防のために使っているのは、化粧水の後に乳液替わりに使える日焼け止め件乳です。夏場にゴテゴテと塗り重ねるのが重くて嫌だったので、ちょうど良いと思って使い始めました。乳液というには、サラッとしていて、保湿よりも被膜感があります。限りなく日焼け止めに近い質感です。

しかし乾燥やきしみを感じないので、ただの日焼け止めとは一線を画しています。SPFやPAの数値を気にしながら乳液や日焼け止めを使っていますが、顔に関しては、パウダーファンデーションを日焼け止めの後に絶対に塗っています。日焼け止めに入っている紫外線吸収剤や散乱剤は肌から水分を奪いやすくして、乾燥するので、オイルを配合していることが多いです。そのためテカりやすくなるので、パウダーで抑えています。

パウダーファンデーションはSPFが配合されているものといないものの違いが明確に出ないので気構えせずにUVケアができます。しかもパウダーファンデーションは顔料の密着度が液体状の乳液やクリームよりも良いため、日焼け効果が高いので、絶対に使っています。夏場はリキッドよりもパウダータイプに変えています。しかもパウダーファンデーションならば、塗り直しも簡単です。こまめにケアできるので結果的に日焼けせずに済みます→日焼け止め付パウダーはこちらから

すっぴん女子とマスク

私は仕事や行事などのきちんとした場に出向くとき以外、ほとんどの日がすっぴんにマスクで過ごしています。近年ではマスク女子も増えてオシャレな柄のマスクなども流行り、すっぴん隠しにマスクをしている私のような女性にとってはとても過ごしやすくなりました。しかし、このすっぴん隠しにマスクには大きな弱点が二つあるのです。まず一つ目は、飲食店に入れないことです。レストランやカフェなどに入ってしまうと、絶対にマスクを外さなければなりません。知り合いと居合わせてしまった時なんか最悪です。メイク後の出来上がった顔しか知らない同僚や友人に見られてしまっては、もう食事どころではありません。

だから、すっぴん隠しマスク女子はどれだけ空腹でも、熱中症になりそうなほど喉が渇いていても飲食店には決して入ることができません。もう一つの弱点、それは夏になるとマスクをすることに理由付けができなくなることです。春と秋は花粉症、冬は風邪予防など「どうしてマスクしているの?」と思われた時の言い訳が準備できるのです。しかし夏はどうでしょうか。気温も湿度も高く、マスクなしでも息が苦しくなるような気候です。そんな中、顔いっぱいに汗をかきながらもマスクを頑なに外さない人がいたら、ただただ暑苦しいですよね。そのため夏場になると、知り合いがいそうな場所やちょっと人が多い場所に行く際にすっぴんにマスクという選択をすることが難しくなってしまいます。私と同じくメイクのビフォーアフターが激しいためにマスクにお世話になっている方は、上記二点について悩んでいること間違いなしです→すっぴん洗顔はこちらから

コスメ

コスメのブログはじめてみました。
昔からコスメなど美容に関したものが好き。
そこで私が気になているコスメなど色々と書いてみたいと思います。