W使いで日焼け止め

紫外線予防のために使っているのは、化粧水の後に乳液替わりに使える日焼け止め件乳です。夏場にゴテゴテと塗り重ねるのが重くて嫌だったので、ちょうど良いと思って使い始めました。乳液というには、サラッとしていて、保湿よりも被膜感があります。限りなく日焼け止めに近い質感です。

しかし乾燥やきしみを感じないので、ただの日焼け止めとは一線を画しています。SPFやPAの数値を気にしながら乳液や日焼け止めを使っていますが、顔に関しては、パウダーファンデーションを日焼け止めの後に絶対に塗っています。日焼け止めに入っている紫外線吸収剤や散乱剤は肌から水分を奪いやすくして、乾燥するので、オイルを配合していることが多いです。そのためテカりやすくなるので、パウダーで抑えています。

パウダーファンデーションはSPFが配合されているものといないものの違いが明確に出ないので気構えせずにUVケアができます。しかもパウダーファンデーションは顔料の密着度が液体状の乳液やクリームよりも良いため、日焼け効果が高いので、絶対に使っています。夏場はリキッドよりもパウダータイプに変えています。しかもパウダーファンデーションならば、塗り直しも簡単です。こまめにケアできるので結果的に日焼けせずに済みます→日焼け止め付パウダーはこちらから

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト